上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
たいようでは、毎月一回ですが、
『音楽療法』というのをやっています。
専門の先生をお呼びして、楽器に親しんだり歌を歌ったりします。
楽しみながら心やからだを開放して、自分を表現することを学ぶのです。
・・・まっ理屈はともあれ!!
とっても珍しい楽器の名前を教わったり、あてっこしたり。
いろんなコーナーがあって、
音楽せんせ

楽しいんだ!これがっ!!
みんなの前で楽器を使ったり音楽たも

先生の伴奏で歌ったり音楽とも

声を出しにくい人は、介助の職員が手助け音楽つーさん

途中、電子ピアノでの先生の演奏をまったりと鑑賞するコーナーもあります。
音楽にあまり詳しくないあねGOでも、
『あっ!?どっかで聞いたことあるぅ』というような、親しみやすい選曲で、いつもみんなうっとり聴いています。
そして演奏が終わると≪・・・うふっ・・・≫って、ほんの一瞬、小さいため息をついてから拍手します。
その日はメヌエットでした。
給食のカガワサンが遠慮がちに包丁をたたきます。とんとんとんとん・・・。
たいようは、小さな建物でしかもオープンキッチンなので、音もにおいもぜーんぶ流れてきます。
ピアノのメヌエットと
キッチンから聞こえてくる包丁の音。
同時に耳に入ってくる、どちらもとっても幸せを感じる、音。音楽かがわ
不思議、不思議、このまったく違う二つの音が、こんなにも綺麗に絡まりあうとは、その場にいた人でなくては、わからないだろうねぇ?
こんな幸せ感でいっぱいになれる、たいようの音楽療法の日。

2007.09.25 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://anegobiyori.blog110.fc2.com/tb.php/31-500e3f77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。