上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
たいようには、江戸言葉(東京下町の、早い話が『方言』ですね。)をしゃべる人が何人かいるので、
「し」と「ひ」の発音がしっくりかえる・・・じゃなくて、ひっくり返っちゃうことがもうーしょっちゅうあります。
だから、
「冷やし中華」も、
「しやひちゅうか」になっちゃいます。
で、そのしやひちゅうかを、みんなで作っちゃいました。
ボウルいっぱいの鶏の胸肉、こまかく、細かくしながら、こうちゃん笑いが止まらない。
あのー、全部こうちゃんのじゃ、ありませんからね?
「え、そうなんだ。」
DSC01834.jpg

なんで胸肉裂くとみんな笑っちゃうんだろうね?
「もおー、ちゃんと働きなさいよ、食べさせないよ!」
「う~っしゃしゃしゃしゃ・・・。」
それでも笑う。
DSC01837.jpg

こちら真面目にカニカマに取り組むたっちゃん。
カニカマを両手で握って、
・・・・・ぶちっ!って、真っ二つに。
「あの、裂いてください。」
「うん。」
DSC01840.jpg
・・・・・ぶちっ!!

野菜カッターで、キュウリの細切りにチャレンジする、ともちゃんです。
「ゆっくりでいいよ、手を切らないようにね。」
DSC01838.jpg

レタスちぎりしながら・・・ひかちゃん?
なんでレタスがお口にはいってるのかなぁ?
「うふふ、食べてないもーん。」
DSC01842.jpg

薄焼き卵が出来てきました。
「ゆうちゃん、包丁やるよ、包丁!」
ゆうちゃんが包丁握った手を、マキチャンが支えてゆっくりと動かします。
ゆうちゃん、嬉しそうに卵とマキチャンの手元を見比べてます。
「でへぇ~~マキチャンが~オレの手を~~」
でもゆうちゃん、
タマゴアレルギーで食べられない。
DSC01852.jpg

「つぎっ!こうちゃん!包丁いくよっ!」
「はいっ!」
こうちゃんも、真剣な目つき。
DSC01856.jpg

「ひっかちゃぁーん、卵焼きですよー。」
「わあい」
ひととおりつまみ食い試食してました。
DSC01859.jpg

まな板と包丁、卵焼きを抱えてみんなを一周したマキチャン。
いいお母さんになれるだろうねぇ。
・・・いつになることやらねぇ。
DSC01862.jpg

たもっちゃんは、わりとしっかり包丁が握れたので、自分で包丁に挑戦。
でもトマトって難しいんです。
「すぅーって、引くのよ、すぅーって。」
ぐじゃ。
いいのいいの、食べちゃえばおんなじよ。
DSC01863.jpg

みんなで頑張って、いっぱい具ができました。
タマゴ、キュウリ、ハム、ニンジン、トマト、レタス、紅ショウガにキムチもあるよっ。

「たっちゃん、何のせますかー?」
「あーむー(ハム)。」
「それから?」
「あーむー。」
「言ったモノしかのせませんよっ!?それから?」
「あーむー。」

たっちゃん、こう言うのよ。
「ぜーんぶぅー!!」
DSC01865.jpg

で、全部のせ。
具がいっぱいすぎてどうしても、
大盛り~
なんて幸せな景色でしょう・・・。
DSC01867.jpg

ぷち事件がありました。
ワカモリサンがチェックしたら、中華麺の原材料にタマゴが使ってありました。
わぁ危ない危ない。
急遽ゆうちゃんには素麺で対応しました。
キレイでしょ。
DSC01868.jpg
美味しかったです。
またやろうね。
2011.07.19 Tue l 未分類 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。