上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲


笹飾りが、風になびいてさわさわと涼しげな音をさせています。
みんなで短冊に、願い事を書きました。
笹に飾りつけながら、ソメヤサンが、
「この願いごとって、誰に?誰が聞いてくれるの?織姫とひこ星は、自分たちの恋愛でそれどころじゃないでしょうよ。」
イデクンが、
「たなばたさまです(きっぱり)」
「でも、あの二人をたなばたさまっていうんじゃないの?」
「じゃ神様(あっさり)」
「え~~七夕は、神事じゃないと思うー。それでも責任取ってくれるのー?ねえ、そんなにいい人なの?」
・注・(いい人です、ってか人じゃありませんから)
「もぉーゴぉチャーゴぉチャーうっるっさいなー
神様がそこまでお人好しかどうかはさておき。(マテ)
さて短冊に、ナニを書いたのかなー?
みんなの力作?を御紹介いたしましょう。
まずは
利用者編
『はなみずが止まりますように』(たっちゃん、無欲すぎ・・・)
『ほめて!』(いつもの口癖だよそれじゃー、たもっちゃん)
『夜ねむれますように』(けんちゃん?そりゃママの願望だしょ!!)
『かわいいへやができますように』(かなうといいねっ♪ともちゃん)

職員&保護者編
よほどのお人好しでも、まず呆れ返るお願い事ということで作者名は伏せました。ツッコミは無しの方向でお願いいたします!
『銀行の預金残高が突然増えていますように』
『まつげがはずれても二重でありますように』
『あと5キロ』
『ひとりになりたーい』
『腹の肉たっぷりと、あと4キロやせますように』
『美味しいモノいっぱい食べたい』

・・・でっ、やっぱりこの責任はいったいだれがっ


2007.07.07 Sat l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://anegobiyori.blog110.fc2.com/tb.php/12-96bf2ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。